石窯パン・和みカフェ「ゆるり」(三重県四日市市広永町)
ゆるりの間
ゆるりの間
少しずつ準備を進めてきた、ゆるりの間です。
80年の古びた和室が、温かい茶の間に様変わりしました。
おばあちゃん、おばちゃんの家くらいにくつろいでもらえたら、うれしいです。
ちゃぶ台の花
スタッフIちゃんが、ちゃぶ台に花を飾ってくれました。
捨てられそうになっていた古い食器が、アンティークものに見えるから不思議です。
いつも、ゆるりをきれいにしてくれるIちゃんです。
つり飾り
こちらは、器用なスタッフYちゃんが作ってくれた「つるし飾り」です。
ひとつ作るのに、ずいぶん時間が掛かるそうで・・・本当に感謝!!
ちなみに、座布団やコースターや暖簾、はんこまで、Yちゃんが手作りしてくれています。
竹簾
廊下に「竹簾」をつけました。
手伝ってくれたのは、若くて可愛いお友達のちあきちゃん!
ちあきちゃんも自然酵母の勉強中で、おいしいパン作りの相談相手になってくれます。
今日は、一日、パンの試作や準備を手伝ってくれました。

みんなに支えてもらって、頑張れています!ありがとう!
Posted by ゆるりまま
comment:0   trackback:0
[古民家改修と石窯作り他
comment
comment posting














 

trackback URL
http://pancaffe.blog37.fc2.com/tb.php/75-87fa8827
trackback